気を付ける事

理学療法士としてリハビリテーションで働く中で、注意していきたいことは。患者さんとの接し方です。もちろん、技術的なことは重要で必要なものですが患者さんとの相性も重要です。何度リハビリしてもうまくいかないこともありますが、その都度イライラして接していては、改善させるどころかそのような気持ちが患者さんたちに伝わってしまいます。接していく中で、相手と話をし相談や悩みなどを聞いてあげること又、患者さんが抱える不安などに寄り添ってリハビリを行っていく必要もあります。 そうした心遣いなどが患者さんにはとても大きな支えになりますので、技術的なこと以外にもサポート体制を幅広くとっていくようにしていきましょう。患者本人が大きな不自由を抱えていますし、リハビリは短期間で行えるようなものではありません。病気やけがの状態によってはかなり長期的なリハビリが必要になってきます。少しでも機能や精神的な緩和が行えるように、サポートしてながら行っていくことで、精神的な支えの中回復や改善が行われていきます。さらに理学療法士としての知識も患者の家族や周りの人たちに伝え、終了後でも自宅でできる方法などを教えることも必要な場合もあります。

メインメニュー