資格について

理学療法士はリハビリテーションで多くの患者さんたちのリハビリのサポートを行います。これには国家資格が必要になり合格しなければ仕事として就くことはできません。理学療法士としての受験資格を取るために、理学療法士専門の養成学校もありますし、大学や短大などもあります。専門的な知識をしっかりと学んで受験に挑む形になります。それぞれの学校では、資格を取るためにさまざまな必修科目があり、単位も定められていますので、これらのものを習得していくことになります。 受験資格を得るためには、学力と点数をとれていなければ学校側の方で受験資格を出さないといったこともありますので、しっかりと勉強はおこなうようにしましょう。国家資格を取ると言うことは、簡単ではありません。資格によっては合格率が高いものや低いものがありますが、合格レベルに達したとしても、実際の現場で仕事をしていく中では、マニュアル通りにいかないこともあります。資格を持つ中で、さまざまな応用ができるような柔軟性もこのような職種の場合は求められます。 自分自身で計画を立てて、しっかりと勉強をしていくことで資格が取得でき、また現場に立った時には、さまざまな患者さんたちとのやり取りの中で、応用力を身に着けていくことが最も重要になります。

メインメニュー