作業内容

理学療法士がリハビリテーションで行う仕事内容は、身体に事故や病気で不自由さがある人や、年齢が高く運動機能や普段の生活の中で支障が出てしまう人などを医師からの指示を受けて、その人にあったリハビリを行っていきます。運動機能などの回復をサポートしていく仕事内容です。基本的な体力回復はもちろん行いますが、立つ座るそして寝ている時の寝返りなどが困難な人もいます。 そのような方たちの運動機能を改善させていくために、さまざまな方法を取り入れて行っていきます。理学療法士が持つ専門的な知識の中で、どのような機能にはどんな運動や作業がよいのかなどを考えてその人に合ったリハビリを効率よく行っていきます。回復や改善が人によって効果の出方が違うので、リハビリ期間はそれぞれ違います。運動を取り入れていくことで体の関節機能がスムースになるなど、麻痺してしまった機能も改善させることができます。 また、微弱電流を流すこと、水を使う、寒冷などの刺激でも運動機能は改善していきます。薬物を投与しながら回復させていくのではなく、物理的なことを用いて理学療法士は、リハビリテーションで多くの患者さんたちとリハビリをして向き合っていくことになります。

メインメニュー